無職での金策方法

無職でできる補助金申請、金策、節税

無職で生きていくのは辛いものです。金も仕事もなければ、誰も相手にしてくれません。独身の人ならば到底結婚もできませんし、貸金業者からの借入も出来ません。また、クレジットカードも持てないでしょう。

世話をしてくれる親がいればまだマシですが、一人暮らしの人などは、その苦境から脱却しないと何も前に進みません。兎に角、前に進むためにも今現在出来ることをして暗いトンネルから抜け出すべきです。

不景気の影響で企業は少しでも人件費をカットしようとしています。こちらに何ら落ち度がなくとも突然リストラに遭うこともあります。仕事をなくすということは、収入源を失うといことで、路頭に迷うということになってしまいます。

補助金節税金策生活の知恵

失業保険制度や生活保護といった社会福祉の制度はあるものの、それは最低限の生活が営めるギリギリの額であって、有意義な生活をおくるには不十分と言わざるを得ません。

また、そういった失業中に何らかの事情でお金が必要になるシーンも少なくありません。貯金の類があれば、そういった急なお金の入り用に対処もできますが、貯金がなければ血眼になって金策に走るしか方法はないでしょう。

公的補助金の申請

まずは公的補助金の種類を吟味して、適用条件に自分が合致していないか確認してみましょう。仕事を辞めたのであれば、最低でも失業給付金くらいは申請できるはずです。その他にも「創業支援金」「障害給付金」「職業訓練支援金」といった数多くの給付金制度がありますので、もしも給付資格があると感じたら窓口に問い合わせてみましょう。

失業給付金の給付期間については職に就いていた期間にもよりますが、給付が一年間ということならその間に新しい職を見つけるか、あるいは自分で企業をするかを施行しなければなりません。給付期間一杯まで動かずにいたら、すぐに給付期間が切れてしまって路頭に迷うことになってしまいます。

税制対策をする

何もしていなければ、通常通りの税金を支払わうことになってしまいます。無職でお金がないときに、高い税金を請求されることは辛いものです。税金はないでは済まされませんので、滞納すればするほど金利がついて支払い額に加算されていきます。そのような事態に陥らないためにも、しっかり税金対策をしておくべきです。

対策としては、まず納税猶予のシステムを活用すべきです。前述したように、収入がなくても毎月税金や公共料金の支払いは欠かせません。その支払いをしていなければ督促が配達されてきて、それを無視していれば利子が加算され、挙句には差し押さえの対象となってしまいます。そのような事態に陥らないためにも、納税猶予のシステムを申請すべきで場合によったら免除される場合もあります。

金策をする

金策といっても無職の状態では貸金業者からは一円たりとも借りれません。貸金業者にとってみれば、ブラックに貸すよりもリスクが高いのが無職者です。貸金業者から借りるという非現実な夢はあきらめるべきです。

そこでこれから仕事を辞めるという方は、在職期間のあいだにカードローンなどのカードを作っておけば、辞めた後で役にたつことがあるはずです。仕事を退職したからといって、以前に作っておいたカードを返還要求されることはありません。

本気で金策をするというのなら、身近にあるモノを集めてオークションで売り払えば少しばかりのお金になることもありますし、古本の類をブックオフにもっていくことも同様です。また、無職は時間がたっぷりあるので、毎朝早朝に散歩をして道にお金が落ちてないか散策するのもありです。大貫さんのように一億円を拾う可能性もありますよ。

生活の知恵

収入の途絶えた状態で以前のような生活をしていれば、途端にお金が干上がってしまいます。十分な預金をしていればまだしも、預金ゼロのような人は余計に生活習慣を改める必要があります。それはどういう生活かといえば、とにかくケチになることです。一円でも出ていくお金を始末して、出ていかないような生活に改めることです。

たとえば、無職で家に閉じ困っていたら精神的にも肉体的にも変になってしまうので、ある程度は外に出た方がいいでしょう。その際には公共施設を利用して娯楽をすることも可能です。公共施設は誰の物でもなく、公共の物なので何の遠慮もいりません。プールなどは500円程度で利用できますし、図書館や公民館などは夏の暑い時期に大いに涼める空間でもあります。

そういった公共施設は探せばいくらでもありますので、無職でお金がない人はどんどん公共施設を利用すべきです。

当サイトのご利用案内